Top >  マンションの選び方 >  マンションの専有面積~「壁芯」と「内法」の違い

マンションの専有面積~「壁芯」と「内法」の違い

専有面積=購入したマンションの広さなのですが、バルコニーなどは専用使用権はあっても、基本的には共用部分の一部で、専有面積には入りません。

広告で、それぞれ別に面積を表示してあるのはそのためです。

専有面積で気をつけたいのは、広告に表示されている面積は壁芯(かべしん)、つまり壁の中心から計算されていること。

ですから、実際に部屋を見ると、イメージしていたものと違うように感じる場合もあります。

これに対して「内法(うちのり)」面積というものがあります。

これは壁面に囲まれた見た目のスペース′の面積。

登記の際にはこちらの面積が使われますから、「面積には2種類ある」ことを覚えておいてください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://trick.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/10

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

マンションの選び方

関連エントリー

マンションの売主か代理か~免許番号って? マンションの専有面積~「壁芯」と「内法」の違い マンションの用途地域~周辺エリアをチェック マンションの管理費 分譲価格-有効期限の確認を 徒歩○分の計算方法