Top >  豆知識・雑学 >  カミソリ負けはなぜ起こるのか?

カミソリ負けはなぜ起こるのか?

「剃刀負け」は文字通り、肌がかみそりに負けて起きる。
肌の弱い人、体調の不良で皮膚の状態が悪くなっている人ほど、かみそりに負けやすい。肌の上を刃がすべる場合、肌の角質が削られて、毛細血管が破れることがある。
すると、そこから雑菌が入って、炎症を起こすことになる。
それがかみそり負けの正体なのだ。
炎症の度合いは、症状によってさまざまだが、肌が荒れたようになったり、ひどくなるとかぶれたりもする。
かみそり負けを防ぐためには、まず肌あたりがソフトなかみそりを選ぶことり。
そして蒸しタオルでヒゲを柔らかくし、シェービングクリームを使ったりするとまず、かみそり負けは起こらない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://trick.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/104

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

豆知識・雑学

関連エントリー

パチンコエバ~パチンコエバとパチンコエバ2 仮面ライダーかぶと~仮面ライダーかぶとの全て~ 金山納豆~金山納豆のすすめ おしゃぶり 琵琶湖(びわこ)競艇 六星占術 ブラック起業ランキング ぎゃおは無料だよ ゴルフの歴史とは 水くさいってどんな味? カミソリ負けはなぜ起こるのか? 座高は何のために測るのか マカロニは中国生まれの食べ物 錦鯉はなぜ高いのか? 錦鯉はなぜ高いのか?