Top >  豆知識・雑学 >  座高は何のために測るのか

座高は何のために測るのか

学校で行われる身体測定では、身長、体重とともに座高を測る。
この座高、大人になってからの健康診断の時には測ることはない。
学校に通っていた頃だけ測って、後には必要なくなるデータとはなんだろう?
身長から座高を引いて足の長さを割り出していると思っていたら間違い。
まったく違った理由なのだ。
座高の測定には歴史的な理由がある。
まだ日本人が今のような十分な栄養を採っていなかった昭和十年代、日本人の体格や体力を向上させるの、胃や腸などの内臓の発達が大事だと思われた。
そこで内臓の発達ぶりをチェックするために、上半身の長さを測定するようになったのだ。
栄養の行き届いた現在の日本では、生徒の使う机やイスの大きさが生徒の体格と合っているかを調べるために測るのだともいわれる。
もっとも、教育現場では、座高測定はもうやめるべきだという声もあるようだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://trick.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/103

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

豆知識・雑学

関連エントリー

パチンコエバ~パチンコエバとパチンコエバ2 仮面ライダーかぶと~仮面ライダーかぶとの全て~ 金山納豆~金山納豆のすすめ おしゃぶり 琵琶湖(びわこ)競艇 六星占術 ブラック起業ランキング ぎゃおは無料だよ ゴルフの歴史とは 水くさいってどんな味? カミソリ負けはなぜ起こるのか? 座高は何のために測るのか マカロニは中国生まれの食べ物 錦鯉はなぜ高いのか? 錦鯉はなぜ高いのか?