Top >  豆知識・雑学 >  マカロニは中国生まれの食べ物

マカロニは中国生まれの食べ物

イタリア料理に欠かせないマカロニだが、じつはもともとはイタリア生まれの食品ではなく中国の食べ物だった。
これをイタリア人で「東方見聞録」を書いたことで知られるマルコ・ポーロがイタリアへ持ち帰ったのである。
1270年ごろ、中国でこの食品を食べたマルコ・ポーロは、その美味しさに感動し、お土産としてイタリアに持ち帰り、法王のポ二ファティウ八世に献上した。
さっそく味見した法王は「マ・力口ニー」(イタリア語でおお-・すぼらしいという意味)と叫んだという。
そこでマカロニとなった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://trick.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/102

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

豆知識・雑学

関連エントリー

パチンコエバ~パチンコエバとパチンコエバ2 仮面ライダーかぶと~仮面ライダーかぶとの全て~ 金山納豆~金山納豆のすすめ おしゃぶり 琵琶湖(びわこ)競艇 六星占術 ブラック起業ランキング ぎゃおは無料だよ ゴルフの歴史とは 水くさいってどんな味? カミソリ負けはなぜ起こるのか? 座高は何のために測るのか マカロニは中国生まれの食べ物 錦鯉はなぜ高いのか? 錦鯉はなぜ高いのか?